Menu

巣の特徴と危険な時期

はち

攻撃的な時期には要注意

アシナガバチの巣はスズメバチの巣と比べると特徴があります。アシナガバチの巣は大きい物で直径20cm程の大きさになりシャワーヘッドの様な形をしています。そして巣穴はむき出しになっているいのも特徴です。次にスズメバチの巣の特徴は、縞模様で巣への入り口は一つとなります。巣全体の直径は30cmから大きい物では80cmという大きさです。次にアシナガバチの巣の危険な時期と駆除がしやすい時期にもそれぞれ特徴があります。4月上旬〜5月の中旬頃に巣を作り始めます。この時期が一番危険度が低くもっとも駆除しやすい時期ともなっています。6月下旬〜9月上旬には働き鉢が羽化します。ここから徐々に危険度は上昇していきます。そのため、アシナガバチの巣を駆除する際には十分な注意を払いましょう。6月上旬〜9月上旬が一番攻撃的になり危険度は一番高くないります。そのため、この時期に駆除を行うのは大変危険を伴うので近づかない様に注意しましょう。もし、駆除を検討している場合には必ず業者に依頼しなければいけません。そして9月下旬頃になると老退する時期になりますがまだ、危険度は決して低くないので駆除を行うさいには注意が必要です。あアシナガバチの巣の駆除を行う際には夜は一番安全だと言われています。ハチは基本的に光がないと飛べないとされています。そのため日中よりも光が少ない夜間の駆除が一番安全となります。しかし、一番安全な駆除方法は業者に依頼する事です。

Copyright© 2018 危険なスズメバチの巣を駆除しよう【慎重に行うべき】 All Rights Reserved.